MENU

【簡単】iPhoneの写真をChromebookに移動する方法

  • URLをコピーしました!

Chromebookを使っているけど、スマートフォンはiPhoneという方は多いのではないでしょうか。

今回は、iPhoneからChromebookに写真を移動する簡単な方法を2つ紹介します。

目次

iPhoneでGoogleフォトまたはAmazonフォトを使用する

最も簡単な方法は、iOS用のGoogleフォトアプリまたはAmazonフォトをiPhoneにインストールすることです。

iPhoneとChromebookの双方でGoogleフォト(Amazonフォト)を使用することで、写真をクラウドに保存することができ、Chromebookやその他のデバイスから簡単に写真にアクセス可能となります。

Apple(アップル)
¥112,800 (2024/02/19 21:42時点 | Amazon調べ)

Googleフォト

Googleフォトといえば、Googleの提供するフォトストレージサービスですが、無料提供されていた画像のバックアップサービスが、2021年5月に終了すると発表されました。

2021年6月以降は、Googleフォトに保存した「高画質」の写真や動画も、Googleのクラウドサービス「Google One」の容量としてカウントされ、それ超える場合は有料プラン(最安プランでも月額250円)に移行する必要があります。

Amazonフォト

Googleフォトの有料化により、Amazonフォトで代用するという選択肢が増えました。

Amazonフォトは、月額500円(または年額4900円)で、Amazonプライム会員であれば、無制限・無圧縮で写真を保存できるサービスとなっています。

ただし、写真のみ容量無制限で、動画は5GBまでの制限があり、容量を拡大するためには追加費用が発生します。

さらに、Amazonフォトは、Googleフォトよりも使い勝手が悪いという意見があるようなので、試しに使ってみることをおすすめします。

番外編:Pixelスマートフォン

GoogleのPixelシリーズのAndroidスマートフォンからGoogleフォトにアップロードする際は、今後も容量無制限が継続されます。

ただし、Pixelシリーズの普及を目的とされたキャンペーンようなものなので、いつまで続くかはわかりません。

これを機にiPhoneからPixelシリーズに乗り換えるのも一つの手といえます。

Google(グーグル)
¥34,980 (2023/08/16 14:07時点 | Amazon調べ)

僕はChromebookと一緒にPixel 7 Proを持ち歩いています。

iPhoneをChromebookにUSB接続する

昔からiPhoneを愛用している方はご存知かもしれませんが、iPhoneとChromebookをUSB-Lightningケーブルで接します。(iOS14以降で対応している機能)

やり方はとっても簡単。IPhoneをChromebookのUSBポートに物理的に接続し、iPhone側にアクセス許可を与えるだけです。

プロンプトが表示され、ChromeのファイルアプリにiPhoneの写真データが表示されます。

転送する画像が表示されたら、Chromebookのローカルストレージにドラッグアンドドロップするだけで移行完了です。

その他にも、写真が保存された外付けドライブをChromebookに接続すると、それらの写真をGoogleフォトにバックアップするようなメッセージが表示されます。

拒否することも出来ますが、許可することでiPhone以外のデバイスの写真もChromebookに移行することが出来ます。

基本的にChromebookはUSB-Cしか対応していないことが多いので、iPhoneを接続する場合はUSB-C~Lightningケーブルを使いましょう。


今回は、iPhoneからChromebookに写真を移動する簡単な方法を2つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

他にもChromeboookが便利になる小ワザを紹介しているので読んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ChromeWith運営 ●Chromebook情報まとめサイト│Chromebookの使い方・おすすめ機種の情報を発信🤖|【経歴】大学卒業 ▶ 大手電機メーカーでエンジニア ▶ 2021年ブログ開始|●PC関連・Android・コーヒーが好き

目次